lvf



レベルファイブのクロスメディアプロジェクトではこれまでに
イナズマイレブン、ダンボール戦機、妖怪ウォッチの3作品を展開してきました。

mdp1

そして今回クロスメディアプロジェクトの第4弾として発表されたのがスナックワールドです。
「スナックワールドでは妖怪ウォッチの成功を踏まえ、さらなる挑戦を行っていく」
とのことです。

更に今回はフルCGアニメーション!!
個性豊かなキャラクター達がフルCGで動き回ります!

オールCGで動き回る魅力的なキャラを紹介!!

mdp2

クロスメディアの神髄である、同時コンテンツ展開も着々と進んでいる模様。

テレビ東京によるアニメの放送、小学館(コロコロコミック)での漫画連載、タカラトミーとの玩具展開、そして全国東宝系による映画公開が決定!

mdp3

世界観は現代とファンタジーをクロスオーバーさせた
全く新しい世界観「ハイパーカジュアルファンタジー」というキーワードをコンセプトに構築を進めているとのこと。


キャラクター設定、美術設定、音楽などこれまでのファンタジー作品とは全く違った雰囲気!fntz

主人公は武器やアイテムを「ジャラ」と呼ばれるミニチュアアイテムとして持ち歩いています。
キーホルダーみたいですね。
mdp6

使う時にジャラホルダーから取り外すことで元の大きさに戻って使用できるようになる、という仕掛け。
このジャラこそが、スナックワールドのトイ展開の軸となるアイテムです。

mdp7

ミニチュアアイテム「ジャラ」は「トレジャラボックス」という宝箱に入っていたりします。
中に何が入っているか分からない状態で発売される予定。

mdp12

中をあけるとPVで登場したアイテム「クリスタルソード」が!
trzr

全てのジャラのは最新のNFCチップが内蔵されており、直感的にゲームと連動できる仕掛けになっています。
mdp8

採用されたNFCチップは世界的なエレクトロニクス企業である村田製作所と共にスナックワールドの商品に最も適した形で作り上げたNFCチップとなっています。
mdp9

一つ一つがゲームと連動する仕掛けになっているジャラ。
下画像のジャラは公開されたCGアニメーションで登場したものと全く同じもの。

mdp10

3DSのゲーム画面。製作の進行状況としては「それなりにできている」と話す日野社長。
mdp11

3DSのタッチパネルにジャラをかざすと…
ゲームがジャラを認識したという画面になりました。

mdq13

ゲーム画面にはクリスタルソードのヒミツの地図を手に入れた!!との文字が。
ゲーム内でクリスタルソードを手に入れられる可能性得たという状態になっています。

krnsa

下画像はPVで登場したミラーシールドのジャラ。
これもかざすと…

mdq14

ヒーローマートでミラーシールドの当選確率が30%UPした!!
ゲーム内のお店で手に入る確率が上がったみたいです。

mrsn

他にも様々なジャラが登場!
mdp15

スマホ版ゲーム画面。
mdp14

スマホのNFC認識回路にジャラを認識させると…
スチールシールド

mdp16

魔導書
mdp17

NFCチップは情報の読み込みだけでなく、書き込みも可能!
今までにないゲームの新しい遊びを広げていく!?

ジャラは、自分の端末だけでなく、友達の端末や、店頭の端末、イベントとの連動など、幅広い連動が可能。
これまでにないレベルでゲームと現実世界をつなげていくとのことです。

mdp18

タカラトミーではスナックワールドに登場するジャラを忠実に再現、商品化予定。
mdp19

タカラトミー高原氏は「スナックワールドの商品化によって現実世界で自分自身が冒険しているかのように感じてもらうことを目指したい。そう思いながら商品企画を進めてきた。」と話す。
mdp20

スナックワールドのアイテムはブランドに分かれています。
mdp21

アイテムは仮想のブランドに分かれており、ブランドごとにゲーム内の価格やレア度が異なります。

このブランドイメージは実際の商品にもそのまま適用され、下画像右下のCLANARINEというブランドはトレジャラボックスでも当選率1%のかなりレアなものになる、というような仕掛けになっているようです。

rvf1

実際に存在するブランドとのコラボなども考えているみたいです。
有名なファッションブランドとのコラボなどが実現すると面白いですね!

mdp22



詳細は動画をチェック!!
レベルファイブ新作発表会